2014年06月27日

5月の映画でした

【個人的な備忘録】

★砂漠でサーモン・フィッシング 2011年 イギリス 監督:ラッセ・ハルストレム
 ファンタジーと科学。本当に砂漠に水を引けたらいいのに。砂漠の有効利用はできないものか。
★就職戦線異状なし 1991年 日本 監督:金子修介
 バブル時代の就職活動ってこんな感じだった。正社員になれて当たり前の中でも将来に悩む若者たち。
★映画版 チェブラーシカ 特別版 2010年 日本 監督:中村誠
 思いの外、キャラクターが可愛くて話も面白かった。癒される。
★藁の楯 2013年 日本 監督:三池崇史
 凶悪犯の命を守る価値はあるのか? 興味深い命題。
★アルゴ 2012年 アメリカ 監督:ベン・アフレック
 事実に基づいた物語。自分の国籍を考えさせる映画。良くも悪くも、生まれ国籍の重さを考えざるを得ない。
★相棒ー劇場版ー絶体絶命 42.195km東京ビックシティマラソン 2008年 日本 監督:和泉聖治
 ちなみにドラマは見ていない。イラク日本人人質事件がモデル。
★相棒ー劇場版Uー警視庁占拠!特命係の一番長い夜 2010年 日本 監督:和泉聖治
 相棒が変わっていた。
★リアル〜完全なる首長竜の日 2013年 日本 監督:黒沢清
 原作と人物の配置がいろいろ変わっている。原作はこのミス大賞受賞作。いじめっ子が死んだのは自業自得では。
★体脂肪計タニタの社員食堂 2013年 日本 監督:李闘士男
 ダイエット映画としてもオススメ。テンプレだけどそれがいい。
★伊賀野カバ丸 1983年 日本 監督:鈴木則文
 少女マンガなのに、少年マンガのような映画になっている。原作は面白いのにな……。
★ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 2011年 アメリカ 監督:テイト・テイラー
 黒人差別濃い時代のアメリカ、ミシシッピ州。黒人メイドたちと作家志望の白人のささやかなレジスタンス。

posted by ありま at 01:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする