2014年12月24日

11月の映画でした

【個人的な備忘録】

★人類資金 2013年 日本 監督:阪本順治
 M資金を巡るエコノミー戦争。詐欺師が世界を救うためにM資金を強奪する。
★クロニクル 2012年 アメリカ 監督:ジョシュ・トランク
 超能力を手に入れた3人の高校生が、やがて破滅していく話。
★バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 2012年 イギリス 監督:ピーター・ストリックランド
 ブラック映画会社に半騙されようにた音響係が現実と映画の境目が分からなくなっていく話。昔ながらの音響の作り方が面白い。
★草原の椅子 2013年 日本 監督:成島出
 母親から虐待を受けた子どもとバツイチ50代サラリーマンの交流。
★オータム・イン・ニューヨーク 2000年 アメリカ 監督:ジョアン・チェン
 プレイボーイと余命一年の女性との短い純愛物語。
★アトランティス 1991年 フランス 監督:リュック・ベッソン
 海面から海底までの海の生物の生態を納めたドキュメンタリー映画。海中散歩を楽しめる。
★デビル・インサイド 2012年 アメリカ 監督:ウィリアム・ブレント・ベル
 日本では未公開。悪魔払いをドキュメンタリー風につくった映画。
★オズ はじまりの戦い 2013年 アメリカ 監督:サム・ライミ
 手品師が偉大なる魔法使いオズになる物語。ダメダメな詐欺師が愛と正義に目覚める。
★魔法の恋愛書 2012年 アメリカ 監督:ティム・ストーリー
 ルールズに頼る女とダメ男のラブコメディ。最後はそれぞれ本当の愛を見つけて大団円。
★ブレイク・アウト 2011年 アメリカ 監督:ジョエル・シューマカー
 強盗に襲われることによって裕福な家庭の綻びが明らかに。そして困難を乗り越え再び結ばれる家族の絆。
★最強のふたり 2011年 フランス 監督:エリック・トレダノ、 オリヴィエ・ナカシュ
 体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いた。実話がベース。
★幸せを呼ぶミナの文房具店 2013年 韓国 監督:チョン・イクファン
 父が病気になり実家の文房具店を売却しようとするが、近所の小学生たちと交流ができて結局続けることに。
★悪魔のシスター 1973年 アメリカ 監督:ブライアン・デ・パルマ
 ぼっけえぎょうていのように体の一部にシャムの双子がいて、それが相手の男を殺していく。
posted by ありま at 22:39| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。