2015年09月15日

『スープのささやき ゲストハウスわすれな荘』本日発売!

わすれな荘シリーズ第二弾!
『スープのささやき ゲストハウスわすれな荘』
(ハルキ文庫 角川春樹事務所)発売です。

150820_wasurena2_cover+.jpg

今回も美人すぎる料理研究家豊田希先生がオリジナルレシピを考案してくださいました\(^O^)/

また、おもわず涎がでてしまいそうなスープの表紙を描いて下さったのは、わすれな荘第一弾『夢みるレシピ』の時にもお世話になった鳥羽雨様です。

表紙はガスパチョというスペインの冷製スープです。
私も夏によく作って食べていました。
トマトをベースにキュウリやタマネギなど、まあ家にある野菜に塩、レモン汁、オリーブオイルなど調味料を加えてミキサーでガーッとスープ状にすればできあがりという簡単料理です。
暑さで食欲が出ない夏などに、飲めるサラダとして重宝します。
人の温もりが伝わってくるような素敵な絵に、思わず「表紙から湯気が漂ってきそう」って担当さんメールしたら、「そうですね。冷製スープですけど」と、冷製……いや冷静な返信メールが来ましたwww
すばらしいツッコミをありがとうございます。我々の業界ではご褒美です。

ちなみに物語の鍵をにぎるのは、白いガスパチョと呼ばれる、まだ日本ではあまり馴染みのないアーモンドの冷製スープです。
知識としては知っていましたが食べたことがなく、執筆に当たって担当さんが白いガスパチョを出してくれるスペイン料理屋を探して下さり、豊田先生とも一緒に取材を兼ねておじゃましました。
(三人とも初挑戦で質問の嵐でしたwww お店の方にはご協力感謝です)
このお店ではスープというよりもソースのような形でアレンジしており、酸味の効いたコクのあるお味で、魚や野菜の旨味をキリリと引き立てていました。
豊田先生アレンジのレシピが載っていますので、ぜひ作ってみて下さい。
これはくせになりますよ^^

というわけで、読んで美味しい、作って美味しい、一冊で二度味わえるお得な小説
『スープのささやき ゲストハウスわすれな荘』をよろしくお願いしますm(__)m



posted by ありま at 00:48| Comment(8) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする