2012年03月30日

2月の映画でした

【個人的な備忘録】

 いかん。もう3月も終わりじゃないか。

★トランスフォーマー 2007年 アメリカ 監督:マイケル・ベイ 制作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
 迫力のある映像が素晴らしい。車好きにはたまらない。
★パルプ・フィクション 1994年 アメリカ 監督:クエンティン・タランティーノ
 時系列がシャッフルされているので、二度見しないときつい。
★悪夢のエレベーター 2009年 日本 監督:堀部圭亮
 前半の密室サスペンスから、後半は前半の種明かしからさらなる展開に。
★THE 11th HOUR 2007年 アメリカ 監督:ナディア・コナーズ、ライラ・コナーズ、ピーターソン
 地球環境に関するドキュメンタリー映画。そうそうたるメンバーが参加。
★g:mt 1999年 イギリス 監督:ジョン・ストリックランド
 グリニッジタイム。重たい青春映画。
★パンドラの匣 2009年 日本 監督:冨永昌敬
 結核病棟でのお話。学校のような病棟が面白い。
★アバター 2009年 アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン
 やっぱ3Dで見たかったな……。各部族が集うシーン、戦いのシーンは圧巻。
★陰日向に咲く 2008年 日本 監督:平川雄一朗
 二時間でよくまとまっていた。
★メメント 2000年 アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン
 10分しか記憶が持たない男の復讐劇。一度見ただけだとわからない。
★ナルニア物語 第一章ラインと魔女 2005年 アメリカ 監督:アンドリュー・アダムソン
 今更ですが観てみました。美しいファンタジー。
★ナルニア物語 第二章 カスピアン王子の角笛 2007年 アメリカ 監督:アンドリュー・アダムソン
 成長した四兄弟が青春してていいなあ。王道のファンタジーは安心する。
★ALWAYS 続・三丁目の夕日 2006年 日本 監督:山崎貴
 純朴な子どもたちが可愛い。
★エクトプラズム 怨霊の棲む家 2009年 アメリカ 監督:ピーター・コーンウェル
 実話に基づく話だそうな。いい話に終わっていた。
★ROOKIES 〜卒業〜 2009年 日本 監督:平川雄一朗
 前作を見ていないので、人物像がまったくわからない……。甲子園までの道のりがすごく近かった。
posted by ありま at 20:59| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。