2015年04月29日

3月の映画でした

【個人的な忘備録】

★マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生 2006年 アメリカ 監督:ジョナサン・レヴィン
 殺意の動機がよくわからないが、美人が美貌を武器にすべてを奪っていったということかな?
★わたしだけのハッピー・エンディング 2011年 アメリカ 監督:ニコール・カッセル
 大腸癌にかかって余命半年と言い渡された主人公が、死の間際に本当の愛を見つける。切なくも温かいエンド。
★君に届け 2010年 日本 監督:熊澤尚人
 よく担当さんに足りないと言われる「甘酸っぱさ」が詰まっている。
★プール 2009年 日本 監督:大森美香
 タイのプール付コテージに集う人たちの6日間の物語。
★POV〜呪われたフィルム〜 2012年 日本 監督:鶴田法男
 ドキュメント形式で、落ちが二回あるのでクレジットが流れても席を立たないで。
★依頼人 2011年 韓国 監督:ソン・ヨンソン
 弁護士は犯人に一杯食わされたのだが、あの程度の状況証拠で有罪になるのは無理。韓国の裁判制度では有りなのだろうか。だとしたら冤罪が多そう。
★かぐや姫 2013年 日本 監督:高畑勲
 ジブリ作品。手描きタッチのアニメーションが美しい。映画館で見たかった。
★ロッタちゃん 初めてのお使い 1993年 スウェーデン 監督:ヨハンナ・ハル
 ロッタが生意気で可愛い。クリスマスツリーの存在価値の大きさに驚愕。ロッタを囲む大人の優しさが心地よい。
★死者の学園祭 2000年 日本 監督:篠原哲雄
 美術教師に贋作を描かせてオークションで設けていた学園。アクションが生温い。
★大統領の料理人 2012年 フランス 監督:
 美味しそうなフランス料理がてんこ盛り。大統領の料理人が南極観察隊の料理人になった理由がせつない。
★ホワイトアウト 2009年 アメリカ 監督:ドミニク・セナ
 南極で殺人事件。極寒の地、陸の孤島というシチュエーションがいい。
★闇金ウシジマくんpart2 2014年 日本 監督:山口雅俊
 原作通り面白い。ドラマも見てみようかな。

posted by ありま at 02:45| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。