2015年09月15日

『スープのささやき ゲストハウスわすれな荘』本日発売!

わすれな荘シリーズ第二弾!
『スープのささやき ゲストハウスわすれな荘』
(ハルキ文庫 角川春樹事務所)発売です。

150820_wasurena2_cover+.jpg

今回も美人すぎる料理研究家豊田希先生がオリジナルレシピを考案してくださいました\(^O^)/

また、おもわず涎がでてしまいそうなスープの表紙を描いて下さったのは、わすれな荘第一弾『夢みるレシピ』の時にもお世話になった鳥羽雨様です。

表紙はガスパチョというスペインの冷製スープです。
私も夏によく作って食べていました。
トマトをベースにキュウリやタマネギなど、まあ家にある野菜に塩、レモン汁、オリーブオイルなど調味料を加えてミキサーでガーッとスープ状にすればできあがりという簡単料理です。
暑さで食欲が出ない夏などに、飲めるサラダとして重宝します。
人の温もりが伝わってくるような素敵な絵に、思わず「表紙から湯気が漂ってきそう」って担当さんメールしたら、「そうですね。冷製スープですけど」と、冷製……いや冷静な返信メールが来ましたwww
すばらしいツッコミをありがとうございます。我々の業界ではご褒美です。

ちなみに物語の鍵をにぎるのは、白いガスパチョと呼ばれる、まだ日本ではあまり馴染みのないアーモンドの冷製スープです。
知識としては知っていましたが食べたことがなく、執筆に当たって担当さんが白いガスパチョを出してくれるスペイン料理屋を探して下さり、豊田先生とも一緒に取材を兼ねておじゃましました。
(三人とも初挑戦で質問の嵐でしたwww お店の方にはご協力感謝です)
このお店ではスープというよりもソースのような形でアレンジしており、酸味の効いたコクのあるお味で、魚や野菜の旨味をキリリと引き立てていました。
豊田先生アレンジのレシピが載っていますので、ぜひ作ってみて下さい。
これはくせになりますよ^^

というわけで、読んで美味しい、作って美味しい、一冊で二度味わえるお得な小説
『スープのささやき ゲストハウスわすれな荘』をよろしくお願いしますm(__)m



posted by ありま at 00:48| Comment(8) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有間先生!!
お久しぶりのコメントです。
続編が出たんですね♪
買おうと思ってます!!楽しみです。

ファンレターもうすぐ送らせていただきます
字が汚いとは思いますが、よろしくお願いします
m(__)m
Posted by アリス at 2015年10月15日 18:51
アリス様

再びのコメント、ありがとうございます。
わすれな荘、続編でました^^
今回は千花以外の人物にも光を当てて、山谷の歴史にもちょっぴち触れています。
第一弾とは少し雰囲気が変わると思いますが、楽しんでいただけたら幸いです。
お手紙、楽しみに待っています。
Posted by ありま at 2015年10月16日 12:46
お返事ありがとうございます!!
明日、手紙出してきます。
また続編も買って感想を言いますね〜
Posted by アリス at 2015年10月25日 17:42
こんにちは。
発売に気づかず……今日買って読みました。残暑厳しい季節に読みたかった……冷たいスープ!(笑)
最後のお話、とってもよかったです。人に歴史あり、街に情けあり……第3弾もあるのかなと期待しています。
だんだん秋が深まってきました。お身体に気をつけて下さい!
Posted by オスカー at 2015年11月10日 17:34
オスカー様

コメントありがとうございます。
スープのささやき、楽しんでいただけたようでうれしいです。
山谷の歴史、そこに生きていた人たちの命の咆哮をいつか書いてみたいという夢がかないました。
これからも頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。
だいぶ寒くなってきましたが、体調など崩されないようご自愛ください。
Posted by ありま at 2015年11月13日 04:42
コメント失礼します!
場違いだったらすみません!

私は昨日初めて有間さまの小説を買わせていただきました!
魔法使いのハーブティーを購入したのですが、新品で購入したにもかかわらずしわやよごれ があり、きれいなものと交換してもらおうとしたのですが レシートがないとダメだと言われてしまいどうしたらいいのか分かりません。
どうしたらいいんですかね?
このまま我慢するしかないのでしょうか?
どうしたらいいのか教えてください!
よろしくお願いしますm(__)m
Posted by ちぃ at 2015年11月17日 21:18
ちぃ様

拙著をお買い上げいただきありがとうございますm(__)m

せっかくご購入していただいたのに、汚れがあったとのこと。
書店に代わりましてお詫び申し上げます。

コミックなどと違って、小説本は立ち読みができるようになっていることが多く、中には折れや汚れがついてしまうこともあるかと思います。
かといって、立ち読み禁止にし、中身を確認できないようにしてしまえば電子書店と一緒になってしまいます。書店のいいところはちょっと気になった本を実際に手に取ってみることができることなので。

今回はがっかりさせてしまい、また、お役に立てずに申し訳ございません。

もしよろしければ、ブログ左上のメールボックスから住所をご記入いただければ、サイン入りのサンキューカートをお送りさせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by ありま at 2015年11月21日 05:05
返信ありがとうございました(*´∀`)♪
立ち読みですか………
私も立ち読みしたことあるので読んだ人を悪くは言えませんね!
嫌な気分にさせてしまったら本当に申し訳ありませんm(__)m
本当にありがとうございました!
スープのささやきと招き猫神社のてんてこ舞いな日々12巻購入させていただきました!
これからも新刊楽しみにしています
Posted by ちぃ at 2015年11月21日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。