2015年07月25日

本日『招き猫神社のテンテコ舞いな日々2巻』発売!

本日、『招き猫神社のテンテコ舞いな日々』の2巻が発売です\(^O^)/

紅葉を背景にした鳥居と、愛らしいゆうこ様の猫たちが目印です。

今回は一巻で出せなかった、和己の過去や虎の過去などにも触れてちょっぴ切なかったり、相変わらずドタバタしたりしています。




『神様の御用人』の著者である神社マスター浅葉なつ先生から「このしめ縄、藁なら三十万円、合繊なら二十万円ぐらいといっところかな」という素晴らしいツッコミが。
(※金額はあくまでも目安で、地域や時期によって変動します)

さらに、「鳥居、綺麗だから塩ビ(塩化ビニール)製かな。あっ、でもにゃんこが引っ掻いているから木製か。木製であの大きさの物を綺麗に維持するのは大変だぞ!いい神社だ!」
と、浅葉なつ先生も絶賛(?)の神社です!

書店に足をお運びの際は、ぜひお手に取ってみてください

よろしくお願いしますm(__)m
posted by ありま at 22:28| Comment(6) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

『夢みるレシピ ゲストハウスわすれな荘』発売!

本日、ハルキ文庫(角川春樹事務所)より
『夢みるレシピ ゲストハウスわすれな荘』発売です!




〜心にしまったいつかの夢。
ここでなら、踏み出せるかも〜

  飛び交う外国語とスパイスの香りも、
  不器用な思いやりも、みんなひとつ屋根の下。
       (帯のキャッチコピーより)



 なんと、小説に出てくる料理のオリジナルレシピ付です!
 レシピを作って下さったのは、
料理研究家の豊田希先生です。
 ホームページの写真を見ていただければおわかりのとおりとても美しい方です。実際にお会すると外見だけでなく声や話し方まで美しく、そんな素敵な先生に
「小説を読んで食欲を刺激された読者がすぐに手軽に作れるような、はしょれるところははしょった簡単な、でも美味しいレシピを」
 という、素人丸出しのとんでもなく我が侭なリクエストを出してしまいました。
 が、見事に応えて下さいました。
 本当にありがとうございましたm(__)m

 そして、美味しそうな鍋を囲んでいる温かなイラストを描いて下さったのは烏羽雨様です\(^O^)/

 書店にお寄りの際には、ぜひお手に取ってみて下さい。
 よろしくお願いします。



posted by ありま at 00:00| Comment(4) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

『夢みるレシピ −ゲストハウスわすれな荘ー』12月13日発売!

 来月12月13日に、ハルキ文庫(角川春樹事務所)から、『夢みるレシピ ゲストハウスわすれな荘』が発売されます。

 かつては山谷と呼ばれ日雇い労働者が集ったドヤ街は、外国人バックパッカーや長期滞在者の街に変貌していた。
 秋田から上京してきた千花は、ドヤ街の面影を残した元山谷エリアにあるゲストハウス『わすれな荘』に、何も知らずに宿泊することになった。想像していた東京の生活との違いに驚きと戸惑いを隠せない。 
 オタクなドイツ人旅行者、日本語留学生のベトナム人、ネパール人、朗らかなアメリカ人英語教師、お洒落な神戸っ子などに囲まれ、時には衝突し、時には理解し、時には励まし合い、慰め合い……そんな物語です。

スクリーンショット(2014-11-24 17.15.23).png

 ところで、小説の中にでてくる料理を食べてみたいと思ったことはありませんか?
 この物語には外国の料理がたくさんでてくるのですが、なんと、章末にレシピがついていて登場人物と一緒に味わうことが出来るのです!
 残念ながら、すべての料理のレシピを載せることはできなかったのですが、メインの料理が載っていますので、ぜひ登場人物の気持ちになって召し上がってみて下さい。
 読んで美味しい、作って美味しい!
 二度、美味しさを味わえるお得な「美味しい小説」です\(^O^)/
 
 どうぞ、よろしくお願いしますm(__)m
posted by ありま at 17:19| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。