2015年06月06日

4月の映画でした

【個人的な備忘録】

★パーフェクト ワールド 1993年 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド
 リアルタイムではわからなかった切なさが襲う。完璧な世界を求めた破滅へのロードムービー。優しい家庭に生まれていれば。
★D坂の殺人事件 1998年 日本 監督:実相寺昭雄
 春画のエロス。なんで女装したのかがよくわからないけど、まあいいか。
★ぼくたちの家族 2013年 日本 監督:石井裕也
 母親の病気によって崩壊していた家族が明るみになり、そして一つに戻っていく物語。
★ユダーJudasー 2012年 日本 監督:大富いずみ
 キャバ嬢がNo1に登りつめていくまで。そして、その先にある幸福と不幸。
★300(スリーハンドレッド)〜帝国の進撃〜 2014年 アメリカ 監督:ノーム・ムーロ
 2007年の映画『300 〈スリーハンドレッド〉』の続編。海の戦いが面白い。
★コードギアス 亡国のアキト 翼竜は舞い降りた 2012年 日本 監督:赤根和樹
 テレビシリーズの第一期と第二期の間の話と判明。
★コードギアス 亡国のアキト 引き裂かれし翼竜 2013年 日本 監督:赤根和樹
 ようやくゼロとスザクが出てきた。
★悪の教典〜序章〜 2012年 日本 監督:野本史生
 本編の前の話。主人公以外にもサイコな教師がいた。
★誰も知らない 2004年 日本 監督:是枝裕和
 母親に放り出されてアパートで死んだ子供の事件をモデルにした映画。誰も知らない戸籍のない子供たち。

posted by ありま at 17:58| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

3月の映画でした

【個人的な忘備録】

★マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生 2006年 アメリカ 監督:ジョナサン・レヴィン
 殺意の動機がよくわからないが、美人が美貌を武器にすべてを奪っていったということかな?
★わたしだけのハッピー・エンディング 2011年 アメリカ 監督:ニコール・カッセル
 大腸癌にかかって余命半年と言い渡された主人公が、死の間際に本当の愛を見つける。切なくも温かいエンド。
★君に届け 2010年 日本 監督:熊澤尚人
 よく担当さんに足りないと言われる「甘酸っぱさ」が詰まっている。
★プール 2009年 日本 監督:大森美香
 タイのプール付コテージに集う人たちの6日間の物語。
★POV〜呪われたフィルム〜 2012年 日本 監督:鶴田法男
 ドキュメント形式で、落ちが二回あるのでクレジットが流れても席を立たないで。
★依頼人 2011年 韓国 監督:ソン・ヨンソン
 弁護士は犯人に一杯食わされたのだが、あの程度の状況証拠で有罪になるのは無理。韓国の裁判制度では有りなのだろうか。だとしたら冤罪が多そう。
★かぐや姫 2013年 日本 監督:高畑勲
 ジブリ作品。手描きタッチのアニメーションが美しい。映画館で見たかった。
★ロッタちゃん 初めてのお使い 1993年 スウェーデン 監督:ヨハンナ・ハル
 ロッタが生意気で可愛い。クリスマスツリーの存在価値の大きさに驚愕。ロッタを囲む大人の優しさが心地よい。
★死者の学園祭 2000年 日本 監督:篠原哲雄
 美術教師に贋作を描かせてオークションで設けていた学園。アクションが生温い。
★大統領の料理人 2012年 フランス 監督:
 美味しそうなフランス料理がてんこ盛り。大統領の料理人が南極観察隊の料理人になった理由がせつない。
★ホワイトアウト 2009年 アメリカ 監督:ドミニク・セナ
 南極で殺人事件。極寒の地、陸の孤島というシチュエーションがいい。
★闇金ウシジマくんpart2 2014年 日本 監督:山口雅俊
 原作通り面白い。ドラマも見てみようかな。

posted by ありま at 02:45| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

2月の映画でした

【個人的な備忘録】

★積木くずし 1983年 日本 監督:齋藤光正
 古い家庭崩壊の図だけど、現代にも通じるものがあると思う。所々に出てくるサブカルが懐かしい。
★チーム・バチスタFINAL ケルベロス肖像 2014年 日本 監督:星野和成
 バチスタシリーズの最終話。検死が2%というのは原作者海堂氏の新書で知っていた。見過ごされる殺人がどれだけあるのだろうか? バチスタシリーズは面白い。
★凶悪 2013年 日本 監督:白石和彌
 ノンフィクション。獄中の死刑囚が告発した殺人事件の真相を新潮45編集部が暴き、首謀者逮捕に至るまでを描いた犯罪ドキュメント。
★日本黒社会 1999年 日本 監督:三池 崇史
 新宿、中国マフィア、在日。ここではないところへ行ったら人生やり直せるのではないかと夢みる不良少年たちの破滅への疾走劇。
★謝罪の王様 2013年 日本 監督:水田 伸生
 謝罪センターという架空の職業。謝って問題解決を図るコメディー。
★理由 2004年 日本 監督:大林宣彦
 荒川区の歴史がわかる。告発形式の劇型ドラマ。最後の唄「人殺しがつなぐ絆」がなんだか恐い。
★花とアリス 2004年 日本 監督:岩井俊二
 女の子の友情と恋。蒼井優のバレエのシーンは必見。
★バッド・ルーテナント 2009年 アメリカ 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
 悪徳警官がなんやかんやで最後はハッピーエンド。重たいようでいてコメディ?

今月は忙しくて少なめ(><;)
posted by ありま at 04:11| Comment(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする