2013年02月14日

伊豆修善寺殺人事件とか起こらないゆるゆる旅行紀

MW文庫女性作家による執筆合宿という名の、ぬるい旅行第二弾!

第一弾はいろいろあってブログに書けなかったので(主に面倒くさくて)、他の同行者のブログをご覧ください。
浅葉なつ先生のブログ
菱田愛日先生のブログ
美奈川護先生のブログ

さて、詳しく書くと様々な弊害があるので、ざっくりとご紹介したいと思います。

★一日目★

東京駅にて菱田愛日氏と合流。
三島駅にて浅葉なつ氏と合流。
美奈川護氏、当然のように仕事で遅刻。
よって、三人で修善寺に向かう。

修善寺駅から宿まで景色を見ながら歩いて行こうとして、道に迷う。まったく反対方向に進んでいたことが判明。駅に戻って素直にタクシーに乗る。

IMG_0766.jpg
迷ったお陰で見ることができた富士山。この時点では自分たちが反対方向へ進んでいたことに気づかずに、無邪気に富士山を撮影しながらはしゃいでいた。

なんだかんだで無事、なっちゃんが予約してくれた宿、五葉館に到着。五葉館は遊郭をイメージしたデザイナーズホテルで、建物の造りも家具も本当に素敵でした。
どんなに素敵だったかは、美奈川さんのブログなっちゃんのブログで。


美奈川さん、無事夕食前に到着。(伊豆の奇跡)
温泉→夕食→温泉ときて夜の11時。作家が活気づく時間。さて、では酒盛りでも始めるかとルームサービスでワインを頼もうとしたらメニューに『ルームサービスは22時まで』と非情な文字が……。
ノンアルコールの健全な夜を過ごす。

★二日目★

温泉→朝食→だらだらする→重い腰をあげて昼食兼観光へと、宿を出る。

修善寺→足湯→指月殿→おばあちゃん(注1)→おしゃれカフェ。
ランチ代わりに苺狩り(苺食べ放題)に行こうと決めていたのに、事前にケーキorぜんさいを食べる。

苺狩り。あまりにも苺を食べ過ぎて、座るのが苦しくて車に乗れず(座るとお腹が圧迫されるよね)、歩いて畑から受付のある事務所まで帰る。

IMG_0798.jpgIMG_0807.jpg
愛らしい苺と菜の花の写真で、一足早い春をお楽しみ下さい。

まだ15持だったが疲れて早々に宿に戻る。だらだらして温泉→夕食→温泉→昨日の反省を元に、酒を早めに調達して酒盛り。
有間、酔って途中寝落ち。その間に、某作家のしょーもないタイトル案が生まれる。
三人寄れば文殊の知恵とも言うが、三人寄っても出ない知恵は出ない、という真理を知る。

★三日目★

温泉→朝食→帰りたくないとだだをこねる。

宿をチェックアウトし、植物園「虹の郷」へ行く。
当然季節柄、花はほとんど咲いていない。閑散としている。だが、それがいい。
とりあえず、パンケーキを食べる。
IMG_0822.JPG
バラ園近くのカフェで、バラジャムののったパンケーキ。

虹の郷を出て、そばを食べる。パンケーキを食べてから30分ほどしか経っていないのに、食べる。そして、写真、撮り忘れる。
※虹の郷のすぐそばにあるそば処「やまびこ」は、味もコスパも素晴らしいのでおすすめ。

ふたたび帰りたくないとだだをこねる。
だが時間は無情にも過ぎていき、三島で解散。

お疲れ様でした\(^O^)/


おばあちゃんの正体は 
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓注1)おばあちゃん
posted by ありま at 22:13| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

ウミガメの産卵を初めて見ました!

 7000以上の島からなる多島海国家、フィリピン。その中のひとつであるパマリカン島で生まれて初めてウミガメの産卵に遭遇しました(*^_^*)

 今年の6月下旬、パマリカン島に行ってきました、島自体は、徒歩でも一周できる小さな島で、ホテルはアマンプロのひとつしかありません。島全体がホテルのプライベートビーチになってます。
 で、この島、ウミガメの産卵の場でもあり、島周辺でウミガメに出会うことができます。
 ダイビング何かしなくても、シュノーケルで十分です!
 ホテルが主催する無料のシュノーケルトリップ(ホテルから少し遠い海に連れて行ってくれる)では毎回カメに出会えました。泊まっているヴィラのすぐ近くでも見ることができました黒ハート
 それぐらい、島の周りにはウミガメがたくさんいるんですね\(^O^)/

 ウミガメ、ウヨウヨ……

 ホテルの人から、今は産卵期なので夜警の担当者がよく産卵中のウミガメに遭遇するという話を聞いて、 ぜひ見てみたいと言ったら、さすがホスピタリティに定評のあるアマングループ、ちゃんと教えてくれましたよ。
 夜の12時にフロントから今、出産中のカメを見つけたと警備から連絡があったと電話が。見に行きたいと言うと、ヴィラまで迎えに来てくれました。

 わたしたちが着いたときにはすでに産卵は終わり、カメが後ろ足で砂をかけようとしていました。
 ちょっと残念(・_・)
DSC00386.jpg

 産卵を終え、海に帰るウミガメ。
 どことなく誇らしげで、ぐったりと疲れているように見える(^◇^;)
DSC00393.jpg

 卵は大きさも形もピンポン玉にそっくり。
 ぷよぷよしているのかなと思ったら、しっかり固かったです。でも、指先に力を入れたらペコっとへ凹んでちょとびびりました(◎-◎;)
DSC00397.jpg

 卵はホテルの人たちによって掘り返され、ホテル内の孵化装置で孵化させます。そうしないと、鳥やトカゲに卵を全部食べられてしまうそうです。生まれた子ウミガメは海に放つそうです。

 比較対象がないのでわかりにくいと思いますが、全長1メートルはあるオオトカゲ。島のあちこちでウロウロしています。卵が好物らしく(^^;)
IMG_0460.jpg

 出産シーンて、やっぱり感動しますよね。
 生み出す命、生み出される命。
 こうやって何万年、何億年の時が繋がっていくんですね。
 なんかもう、わけもなく涙が溢れてきますわ……
  ゚・。(。/□\。)。・゚
 歳かな、涙もろいんです。
その他の拙い写真
posted by ありま at 20:18| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

美ら海水族館E 番外編 ウミガメ館

 美ら海水族館を出ると、すぐ近くにウミガメ館とマナティー館があります。
 こちらは両方とも無料です。
 時間があったらぜひ、入館してみて下さい。
 無料なので、館自体はちいさく、ウミガメとマナティーがいるだけです。
 でも、すぐ近くで可愛いウミガメを見ることが出来て、とても楽しかったです。
(ウミガメ、大好きなんです)


ウミガメです。凛々しくも、のんびり優雅に泳いでいます
DSC_2533.JPG


顔のアップ
DSC_2532.JPG


子ウミガメです。比較対象がないので大きさわかりにくいですね。
でかいパンケーキぐらいかな。
DSC_2550.JPG

こっちに向かって泳いできた
DSC_2529.JPG

ウミガメって、仕草が可愛いですよね。
泳いでいるときは、手ばかり動かして、足はさぼっていますわーい(嬉しい顔)

隣にはマナティー館
オス1匹、メス2匹の計3匹がいました。

デデーン、という感じです
DSC_2567.JPG



posted by ありま at 22:32| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。