2014年02月03日

1月の映画でした

【個人的な備忘録】

★SP 野望編 2010年 日本 監督:波多野貴文
 悪い奴は内部にいる。という警察物、最近多い気がする。ちなみにドラマは見ていない。
★SP 革命編 2011年 日本 監督:波多野貴文
 野望編の続き。権力者=悪い人ばっかの映画。
★レ・ミゼラブル 2012年 アメリカ 監督:トム・フーパー
 本当に面白かった。映像も音楽も素晴らしい。
★脳男 2013年 日本 監督:瀧本智行
 暗い仕事必殺人。救いようのない犯罪者と被害者。
★映画 鈴木先生 2013年 日本 監督:河合勇人
 テレビドラマシリーズの続き。特にスケールが大きくなったとかではない。
★96時間リベンジ 2012年 フランス 監督:オリヴィエ・メガトン
 96時間の続編。誘拐犯からのまさかの逆ギレ。
★ラッシュライフ 2009年 日本 監督:真利子哲也、遠山智子、野原位、西野真伊
 やっぱり二時間じゃはしょられちゃうんだな。原作のよさが表現しきれなくて残念。
★綿の国星 1984年 日本 監督:辻伸一
 大島弓子の名作。仔猫の可愛さは正義。
★プラチナデータ 2013年 日本 監督:大友啓史
 これはたぶんラブストーリー。遺伝子がすべてではないと言いつつラブストーリー。
★マトリックス 1999年 アメリカ 監督:ウォッシャウスキー兄弟
 ちゃんと最初からきちんと見たのは始めて。機械の中で夢見る人類。俺たちの戦いはこれからだで終わった。
★マトリックス リローディッド 2003年 アメリカ 監督:ウォッシャウスキー兄弟
 完全に続編在りの終わり。レボリューションに続く。
★マトリックス レボリューション 2003年 アメリカ 監督:ウォッシャウスキー兄弟
 人類vs機械の全面戦争、最終章。
★推理作家ポー 最期の5日間 2012年 アメリカ 監督:ジェームズ・マクティーグ
 謎に包まれたポーの最期を捏造映画。恋人を助けるために自ら毒を飲む。
★ある殺人に関するテーゼ 2013年 アルゼンチン、スペイン 監督:エルナン・ゴルドフリード
 妄想が犯人を作り上げていく。が、真相は藪の中な結末。
posted by ありま at 04:19| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

12月の映画でした

【個人的な備忘録】

師走で忙しかったので(^^;)

★おおかみこどもの雪と雨 2012年 日本 監督:細田守 
 人間として生きる選択をした雪と狼として生きる選択をした雨。別れとも自立とも言えるラストに泣けた。
★009 RE:CYBORG 2012年 日本 監督:神山健治
 絵柄がすっかり変わって最初誰が誰だか分からなかった。あのユニフォーム姿には懐かしさを。
★さよならドビュッシー 2013年 日本 監督:利重剛
 橋本愛が可愛い。ピアニスト探偵が目新しかったが、あまり活躍は……。
★ハンガー・ゲーム 2012年 アメリカ 監督:ゲイリー・ロス
 ありがちなデスゲームでスポンサー探しという新たな要素が加わり面白いと思ったが、その設定がいまいち生きてない。
★HUNTER×HUNTER〜緋色の幻影〜 日本 監督:佐藤雄三
 グリードアイランド編の手前ぐらいのストーリー。
★変態仮面 2013年 日本 監督:福田雄一
 まさかの実写化。監督と変態仮面役の俳優さんに敬意を。
★贖罪 2012年 日本 監督:黒沢清
 友だちを助けられなかった四人の同級生と母親の贖罪。
★蛍火の杜 2011年 日本 監督:大森貴弘
 人間とかつて人間だったものの切ないラブストーリー。
★聖☆おにいさん 2013年 日本 監督:高雄統子
 原作のイメージそのままでうれしかった。年末に見たい映画。
posted by ありま at 03:44| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

11月の映画でした

【個人的な備忘録】

★天使と悪魔 2009年 アメリカ 監督:ロン・ハワード
 映画『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。原作では『天使と悪魔』がシリーズ第1弾で、続編が『ダ・ヴィンチ・コード』。映画では時系列を入れ替えている。
★バイオハザード 2008年 日本 監督:神谷誠
 CGなので、よりゲームの世界っぽい。ゾンビだけでなくモンスターまで出てきた。
★ファウスト 2011年 ロシア 監督:アレクサンドル・ソクーロフ
 ファウストの前半部分。メフィストフェレスが怪しい高利貸しに。
★劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 2013年 日本 監督:新房昭之
 ある意味ハッピーエンドに終わったテレビシリーズをひっくり返す物語。
★グスコーブドリの伝記 1994年 日本 監督:杉井ギザブロー
宮沢賢治の童話をアニメ化。木樵のグスコーブドリが街を救う。銀河鉄道の夜のように幻想的なアニメーションが素晴らしい。
★ATM 2012年 アメリカ 監督:デビッド・ブルックス
 逃げるチャンスはいくらであったと思うのだが。犯人は愉快犯?
★カラスの親指 2012年 日本 監督:伊藤匡史
 カラス=詐欺師の話。最後に心温まるどんでん返し。
★388 2011年 カナダ 監督:ランドール・コール
 不条理サスペンス。犯人はただの愉快犯? 
★任侠ヘルパー 2012年 日本 監督:西谷弘
 老人問題。貧困ビジネス。老人たちの演技が凄い。
★マルドゥック・スクランブル 圧縮 2010年 日本 監督:工藤進
 マルドゥック・スクランブル三部作の一。
★マルドゥック・スクランブル 燃焼 2011年 日本 監督:工藤進
 マルドゥック・スクランブルの二。技術の生まれた源へ。
★マルドゥック・スクランブル 排気 2012年 日本 監督:工藤進
 マルドゥック・スクランブル最終章。ギャンブルでの勝負。
posted by ありま at 05:48| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

10月の映画でした

【個人的な備忘録】

★ONE PIECE FILM  ワンピース フィルム ストロングワールド 2009年 日本 監督:境宗久
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第10作。
★ONE PIECE 麦わらチェイス 2011年 日本 監督:佐藤宏幸
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第11作。
★ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット 2012年 日本 監督:長峯達也
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第12作。
★ターザン 1999年 アメリカ 監督:ケヴィン・リマ、クリス・バック
 ディズニー映画ってこんなにお約束がしっかりしているのに感動する。最後に舅さんがついてくるのはどうかと思うが。
★パラノーマル・アクティビティ4 2012年 アメリカ 監督:ヘンリー・ジュースト
 呪怨の男の子を思い出した。
★CUBE 1997年 カナダ 監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
 主人公の変更は面白かったが、結局何が目的だったかわからない。
★人狼村 史上最悪の村 2011年 スペイン 監督:フアン・マルティネス・モレノ
 コメディにしか見えないのだが、間違っていないよね、たぶん。
★ゆれる 2006年 日本 監督:西川美和
 事故か殺人かを巡り、揺れ動く兄弟の心理。田舎、長男という壁に閉じこめられた閉塞感。
★劇場版 BLOOD−C The Last Dark 2012年 日本 監督:塩谷直義
 自分も化け物になりたかったっていうオチ。
★ねらわれた学園 2012年 日本 監督:中村亮介
 アニメでリメイク。確か子どもの頃ドラマを見た記憶がおぼろげにあるんだけど……。
★変態島 2008年 フランス 監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
 なぜこの邦題? サスペンスというかホラー? 人身売買をテーマにした社会派ドラマなのかと思ったのだが。とりあえず変態は出てこない。
★東京家族 2013年 日本 監督:山田洋次
 ありがちな人生と日常。当たり前の幸せと不幸。その中にキラリと光る断片。そして、遠くの親戚よりも近くの他人。
★シルク・ドゥ・ソレイユ 彼方からの物語 2012年 アメリカ 監督:アンドリュー・アダムソン
 シルク・ドゥ・ソレイユのラスベガス公演「O(オー)」「KA(カー)」「LOVE(ラブ)」などを中心に幻想的なショーを映画で。
posted by ありま at 21:07| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

9月の映画でした

【個人的な備忘録】

今月はワンピース祭り。

★ONE PIECE 2000年 日本 監督:志水淳児
ONE PIECE映画第1弾。
★ONE PIECE ねじまき島の冒険 2001年 日本 監督:志水淳児
ONE PIECE映画第2弾。
★ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 2002年 日本 監督:志水淳児
ONE PIECE映画第3弾。
★ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険 2003年 日本 監督:宇田鋼之介
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第4作。
★ONE PIECE THE MOVIE 呪われた聖剣 2004年 日本 監督:竹ノ内和久
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第5作。
★ONE PIECE THE MOVIE オツマリ男爵と秘密の島 2005年 日本 監督:細田守
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第6作。絵が異色。
★ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵 2006年 日本 監督:宇田鋼之介
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第7作。
★ONE PIECE THE MOVIE エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち 2007年 日本 監督:今村隆寛
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第8作。
★ONE PIECE THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜 砂漠の王女と海賊たち 2008年 日本 監督:志水淳児
漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第9作。
★黒い家 1999年 日本 監督:森田芳光
 最後がバトルものになっていた。原作通りでいいのに。
★AKIRA 1988年 日本 監督:大友克洋
 今更だけど見ました。AKIRAってずっと主人公の名前だと思っていた。
★ISOLA 多重人格少女 2000年 日本 監督:水谷俊之
 あれ? 最後の落ちが……。
★アナザー another 2012年 日本 監督:古澤健
 伯母=先生のネタバレはそうそうに明かして、死者探しに重点が。終わりかたが良かった。
posted by ありま at 22:01| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする